子供たちのプログラミングのメンターをしてきました。

codredojoももちでプログラミングのメンターをしてきました。

子供たちのプログラミングのメンター(ボランティア)をしてきました。

開催場所が違うと雰囲気もまた違うのですが、共通してるのは、子供たちがめちゃくちゃ楽しんでいるということです。

シューティーングゲームをScratchで作っている子もいれば、マインクラフトで自由に好きなものを作っている子もいました。Scratchを初めてみたら、そのキャラクターの動きがおかしく、笑いながらのめり込んでいる子もいました。

子供たちの楽しんでいる笑顔を見るのは何事にも変え難いものです。

そして、このブログにアクセスしている今まさに貴方にも考えてほしいのです。

子供の頃は何に興味を持っていましたか?

そして、時は経ち大人となり、今は何をしたいですか?

今の仕事は楽しいですか?気づいたらのめり込んでしまうのはなんですか?

限られた生命時間を楽しくもない仕事の為に使いますか?

私がブログを更新するのも、コーチングを通し皆さんのお手伝いをする為です。

やりたいことをとことんやる。そっち側にコンフォートゾーンを移行させる為です。

慣れ親しんだコンフォートゾーンを離れるのはとても大変です。

当然です。

だから、

僕は貴方のためにここにいるんです。

私も強烈な現状を維持したいホメオスタシスといつも戦っています。一人ではうまくいかないこともありました。

だから、プロのコーチングセッションを受けました。なぜ身近な周囲に相談しないのか?

それはプロのコーチは相談する相手には「とても」気をつけているからです。

それは、ドリームキラー対策です。

私の人生がかかっているんです。

そして、私もコーチになって活動したての時も、ドリームキラーに遭遇した経験があるからです。

コーチという存在をよく思わない人たちが私を無意識レベルで避けるようになりました。コーチの高いエフィカシー、ゴールを周囲は無意識レベルで引き下げようとしてくるものです。

また私がお酒を飲まないのからです。理由は、私がお酒を飲まなくなったのはクライアントに失礼だからです。

20〜30分といったコーチングセッション以外にもプロのコーチである以上、その契約期間はいつもクライアントの為にマインドを使っているからです。次のセッションではどう言ったことをコーチングしようかずっと私の無意識に考えさせているです。またトライアルだけで終わってしまったクライアントが、いつまた来てもいいように準備しているんです。

お酒が人と人が付き合うのにそんなに必要なのでしょうか?

お酒がないと本音で話せないのでしょうか?

いつも、自分に正直に入ればいいことです。もし、お酒を飲んでいるときにドーパミンが出ているのが感じるなら、なぜドーパミンがいつも出てないのかを考えるんです。そういった自分いつも正直だとうアファメーションを作りしっかりし実行し自分の人間性を高めていくのです。ゴールを見直すんです。正直、私はコーチになる前はお酒を飲んでいました。しかし、コーチになってからはお酒ほとんど飲んでないです。この2年で3回くらいです。(コロナでどうしようもなく3回くらいお酒に手を出したのがあります)

その時は、コロナでかなりエフィカシーが下がっていて、コロナだからコーチとしての活動を止めようかというセルフトークをしていました。他のコーチが活躍してるから任せておけば私は不要だと思うこともありました。

しかし、私は同期のコーチや仲間のコーチ達がコロナという難しい状況になっても、活動の手を止めないその姿を見て、そして何より私自身がコーチとしてもっと活躍したいというのが、じわじわ心の底から湧いて出てきました。仲間というのは素晴らしいものです。

だからこそ、私は二度と帰って来ない生命時間を使って貴方の為にこの記事を書いてるんです。

例えクライアントがいなくても、この記事を読んでる貴方はもうすでに私のクライアントなんです。そして、いつでも、私は貴方とコーチングセッションができる準備をしているからです。今でも貴方からコーチングの申し込みがあればいつでもコーチングセッションをできる状態に整えているからです。

コーチングセッションにかける思いが生半可な気持ちでないです。

プロのコーチとして

貴方の人生を丸ごと変える!

という、強い思いでいつもいるんです!

この記事に辿り着いた貴方は、すでに

コーチングに、コーチングセッションに興味があるんです。そして、何かしら貴方は今の人生に不満を抱えてるんです。

現在のコンフォート・ゾーンの下側に飛び出してるのか、それとも意図的にワクワクゾクゾするゴールを設定し、現在がそのゴールに近づいてない不満を感じているかです。

それは、どちらの理由かわかりません。

どちらにしても、どっちの場合でも

私はそのためにここにいるんです!

子供にやりたいことをなんでもやりなさいと言っておきながら、親がやりたいことをやってない。。。

それでは説得力がないですよね? 子供は親の背中を見て育ちます。

親がまずやりたいことだけをとことん子供達に見せる。見せつける!子供のように何事にも楽しんでいることを見せつける!

私がブログを書くのも書きたいからです。しなくてはならいことではないです。

今の貴方は貴方を過小評価している!

貴方は貴方が思ってる以上にもっとできるんです!

貴方はもっとやりたいことやっていいんです!

もっと自分に自信を持ってください!

貴方はやったことないことでもなんでもできるのです!

私は待っています。貴方が貴方の子供のようにたくさんの夢を持って私のところに来てくることを。。。

Tags:

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。