何か新しい能力を身につけるヒントになれば

何か新しい能力を身につけるのに参考になればと思い記事を書いてみます。わかりやすいので英語を例について書こうと思います。

英語学習のコツは、英語のゴールが今まさに達成している!ってイメージを鮮明にできるが一つあります。

カナダ行くと決めた時、すでに仕事しながら、頭の中ではカナダで友達作りや働いてるイメージをしていた。

自然ともっと準備したいと、昼休みの半分の時間は英語学習を毎日やってた。

覚えたい単語をパソコンに挟んではっていた。

その時スマフォないし、フラッシュカード作ったり、英語の問題集解いたり、単語を増やすにはと文脈があると覚えやすいからこの本かな、NHK語学講座を撮り溜めして、暇があれば見て〜、アウトップットもしたいから、Lang-8で英語で日記書いてみよっか、、っと、

とにかく、、思いつくかりぎりなんでもやったわい!

マクドナルドはカナダにもあるだろうと、日本のマクドナルドで資金を稼ぎしながら修行もした。

日本にいながら、カナダでマクドルドでもすんなり仕事が覚えらるように、ハンバーガーの効率良い、「超」丁寧な作り方にこだわって修行していた。ハンバーガーは20秒で作れた!笑

空港で英会話が使えそうなお寿司さんで、気難しい職人にお茶を入れながら外国の方が来たら積極的に英語で接客した。

色んな事を、もう、疲れたとか、いってらんない、日本立つ期限までにやれる事やるぞ!ってなんでもやった。

だっていきたかったら。英語を使いこなし、友達をたくさんつくるぞって、既に決めてたからさ!

そういった気持ちがあってさ、あとは、もう創造的無意識が働いて、やりたい気持ち(want to)があればなんとかなっちゃうんだよ。だって、やりたいことって詳細にあんなことしたい、こんなことしたいって未来をワクワクしながらイメージするでしょう!

うん。

だから、本当にやりたいという気持ちがあれば、自然と学習に時間を割くだろうし、自然と行動する。

外から見たら、認知的不協和理論で説明できるけど、何より心から望むかどうかだ。

恐怖が出てくる時もある、僕もカナダ行く前は恐怖や不安を感じた。だからこそ、一生懸命、できることはやろう!と、自然な振る舞いだった。

日本で英語を使った仕事につくぞ!って決めた時もそう、すんなり英語を使った仕事につけるかと思ったら、TOEIC切り。そんなばかな、認めん!と、ウォーとTOEICに向き合って色々やりまくった!

結果、英会話スクールで働くこともできた!

英語を例にあげてみましたが、何かの能力を身につけようとしている人のご参考になれば幸いです。

Tags:

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。