アメリカのサンフランシスコでスタートアップ企業を訪れて気づいたこと。

2020年1月に、アメリカのサンフランシスコにスタートアップ企業の視察に行っていました。

今日その時に陰ながらお手伝いをしていた時の動画を撮っていました。

スタートアップ企業を視察していた中で感じたことがいくつかあります。例えばwonolo

まず、スタートアップ系の会社はご飯は会社が当たりまえに支給。オフィスがカフェのようにおしゃれで社員の方がリラックスして仕事に集中できるようになっている。日本でも、徐々になりつつあるようですが、、、アメリカほどではまだないですね。テーブルのサッカーゲームもあったりします。楽しそ〜♪

印象的だったのが、Lou Ticeが教えていたコーチング理論の導入が垣間見たことです。

もしかしたら、Lou Ticeの孫弟子、ひ孫弟子たちが教えたことなのかもしれません。

これに気づいたのはおそらくあのメンバーで僕だけでしょう。

それは何かというと、、、

パスワード保護エリア

このコンテンツはパスワード保護されています。

そうでないと、個人個人がクリエイティブアボイダンスな状態になるからです。

ですので、どういった人を採用するのか?も重要です。

みなさんはどうやって人を採用しますか?

多くの人は、この人が過去にしてきた実績でしょう。

それでは、将来優秀な人材になる、ポテンシャルのある人材を排除しかねません。

コーチング理論から、何よりも真っ先に一番重要なのは、

パスワード保護エリア

このコンテンツはパスワード保護されています。

これは何よりも最も重要な要素ですので、もし、経営者の方が見れられていた参考になさってください。

五十嵐コーチのブログでは言えない話のメルマガ登録すると、この記事のパスワードを取得することができます。

Tags:

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です